最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お月見(成和SS)

こんにちはゆりです

9月12日は中秋の名月でした。お天気もよくお月さまとっても綺麗でした。
みなさんもお月見しましたか?
月を見ていてネタが思いつきました。
興味のある方はどうぞ
~お月見~

今夜はとっても月が綺麗だ。
こんなに月をゆっくり見た事があっただろうか?
今までは毎日忙しくて季節を感じることなんかできなかった。
BL学園に来て、いろんな行事を知り経験する事ができた。鈴菱の跡取には必要ないと言われたものばかりだ。
お花見、子どもの日、七夕、海水浴など事あるごとにお祭り好きの王様が色んな事を企画して学園を盛り上げてくれるおかげで、楽しい学生生活をすごしている。
「ハニーさっきから月ばかり見てるけどどうしたの?そんな憂いを帯た顔で月を見てると、月に嫉妬しちゃうよ。」
「だって月がとっても綺麗だから。ほら、見て。」
「ハニーの方が綺麗だよ。」
耳元で囁くあなたの声は僕の心を熱くする。
「何言ってるんですか。そう思うのはあなただけですよ。」
顔が真っ赤になっているのが恥ずかしくて、成瀬さんの方を見る事ができない。
それをごまかすように
「お月見楽しかったですか?参加したかったな。俺お月見したことないんです。」
「えっ?!ハニーお月見した事ないの。この間のお月見はハニーがいなかったから寂しかったよ。それじゃ今からお月見しよう。」
「あの、お月見ってなにをするの。月を見るだけじゃないの?」
「すすきと月見団子、里芋、柿、枝豆などを盛ってお酒を供えて月を眺めるんだよ。簡単に言えば月を肴に宴会だね。じゃあ月見団子作ろうか。」
「月見団子作れるんですか?」
「うん、簡単に作れるよ。さぁ、キッチンに行こう。」
そう言うと手早く準備して篠宮さんに了解を得てきた。手際が良くて感心する。
だんご粉をボールに入れ水を入れ手で混ぜていく。見る見るうちになめらかなひと塊の生地ができた。
「さぁ、これを一口大の大きさにちぎって丸めていくんだよ」
「どんな形でもいいですか?」
「うん、いいよ。」
白い生地を手に取り丸めながらくまちゃんの形にできるかな?と考えていると
「ハニーはくまちゃんの形にしようとしてるね。」
「なんでわかるんですか?」
「わかるよ。だって大好きなハニーの事だからね。一生懸命作って姿がとってもかわいいよ。」
俺がひとつ作る間にどんどん丸めていく。気づくと成瀬さんもくまちゃんだんごを作っている。
「さぁ、できた。あとは茹でて浮き上がってきたら冷たい水の中に入れて冷やすんだ。」
なんてかっこいいだ。だんごを丸めていてもかっこよすぎて思わずみとれてしまう。年下なのに、大人っぽい。成瀬さんは俺を幸せにする天才だ。お料理も自分しなくてもお手伝いさんがいつも作ってくれた。したくても、させてもらえなかった。料理をするよりほかの事を学ばなければならなかったからだ。だから二人で話しながら、お団子を作る事は本当に楽しかった。こんな経験もした事ない俺に、色々教えてくれる。
「ハニーどうしたの?はい月見団子できたよ。くまちゃんだんごも、かわいくできたよ。」
「な、なんでもないです。おいしそうです。くまちゃんのお団子も可愛く出来ましたね。なんだか食べるのがもったいないですね。」
「それじゃ部屋に戻ってお月見しようか」
「はい」
窓を開けると雲ひとつない空に月が輝いている。吸い込まれそうなくらい綺麗な月だ。俺の横には成瀬さんがいる。月の光に金色の髪がキラキラ光って綺麗だ。
「ねぇ、ハニー月にうさぎっていると思う?僕は子どもの頃ずっと月でうさぎがお餅をついていると思ってたんだ。」
「成瀬さんもですか。俺はうさぎじゃなくて、くまちゃんがお餅つきしてたらいいなぁと思ってました。」
「ハニーは本当にくまちゃんが好きだね。それにしても僕達はやっぱり気が合うね。それじゃせっかく作ったお団子食べようか。」
「そうですね。」
「あんこときなことみたらし団子のたれを作ったから、好きな物つけて食べてね。」
「どれもおいしそう。全部食べたいな。成瀬さん俺の作ったくまちゃんのお団子食べてください。俺は成瀬さんが作ったくまちゃん団子いただきますね。」
こんなささやかな事が嬉しい。成瀬さんと過ごすこの時間は俺にとって大切な時間だ。
「う~んおいしい。お団子ってこんなに美味しかったんですね。」
「ふふっ、そりゃ僕の愛情がたっぷり入ってるからね。そしてハニーのもね。」
おひさまみたいにキラキラした笑顔は俺の心を優しく包み込んでくれる。
「成瀬さん、ありがとう。お月見っていいですね。子どもの頃仕事で忙しい両親が帰ってくるのを1人で待っている時、寂しかった。でも月がでているだけでなんだか安心したのを思い出しました。」
「じゃあ、今は僕がハニーの傍にいて寂しくないようにしてあげるね。」
そして俺の唇をふさいだ。優しく甘美な夜が始まろうとしていた。

2011.9.19
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆり

Author:ゆり
アニメ、漫画、声優好きの主婦が、乙女ゲーム「BL]にハマり主腐
に変身!
只今「学園ヘヴン」の和希受けにはまり成和に夢中
食べる事お菓子作りが大好きです。

FC2カウンター
素敵リンク様
Sweety様

nekomix様
リンク用バナー
bana
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。